0コメント

JAEPO2019

JAEPO2019に行ってきました。
例年2月に開催するのですが、
今年は闘会議との並列開催とのことで1月開催です。

1月開催は僕が行き始めて初めてなんじゃないかな?。

事前に告知されてた今年のビデオゲーム注目作品は

maimaiデラックス(セガ)
けものフレンズ3 プラネットツアーズ(セガ)
ストリートファイターVタイプアーケード(カプコン)
ジョジョの奇妙な冒険ラストサバイバー(バンナム)
ソードアートオンラインアーケード(バンナム)
スターホース4(セガ)
WCCF2019(セガ)
HALO FIRETEAM RAVEN(バンナムテクニカ&TAITO)

といったところですかね。

ガンシューですが、ガンシュー界隈では

 HALO FIRETEAM RAVENバンナムテクニカ&TAITO)
 水でっぽう大冒険バンナムテクニカ
 おばけの射的屋ENHEART
 ボブボブジープ未確認

が出展されていました。
※ボブボブジープは離脱後にわかったため未プレイ

【HALO FIRETEAM RAVEN】

IMG_1443.JPG

IMG_1463.JPG


ラゾーナ川崎でロケテストされていた作品です。
RAW THRILLS社の製作ですが、日本での販売は
バンダイナムコテクニカと、タイトーが受け持つことになりました。

ロケテで設置されていた4Pプレイ版と、2Pプレイ版の2種類。
4Pプレイ版はバンナムテクニカブースに、
2Pプレイ版はタイトーブースに設置されていました。

4Pプレイ版は450万円(高っっ!!!!)
2Pプレイ版は240万円

どちらも高いです。
さらにローカライズされないでリリースされるという悲しいお知らせ。

日本語字幕が一切出ないという

これ日本の誰が好き好んでやるんだろうかね…。
それに加え、難易度もRAW THRILLS社お手製のムズムズなので、
悪名高きダークエスケープまではいかないでしょうが、
コイン積んで、のプレイが前提になってしまうかもしれません。


【水でっぽう大冒険】

IMG_1457.JPG


バンダイナムコテクニカに設置されていました海外作品。
文字通り水鉄砲で敵を倒していくガンシューならぬ水鉄砲ゲーム。
「サブマリンレスキュー」というゲームのバージョンアップ版です。

プレイ中に手前に水がややかかるので気にする方もいるかもしれませんが、
リリース予定の7月は暑いころですので、避暑にちょうどよいのかもしれません。
値段は86万円。安い。


【おばけの射的屋】

IMG_1449.JPG

IMG_1450.JPG


個人的に最も楽しかった作品です。
ガンシューの要素がありますが、メダルゲームです。
3人までプレイができるので、家族でプレイするのに適しています。

筐体側の弾の切り替えボタンで弾の種類が切り替え可能。
コルク、弾丸、ロケットの3種類がありました。
それぞれ1発ごとの消費メダルが違うようです
コルクは2枚、弾丸は5枚、ロケットは10枚だった思います。
屋台の射的屋さんを舞台に、的を狙って撃っていきます。
エイムは画面に表示されるので、狙いやすいです。

全部的を当てると次のステージに移りますが、
射的を撃っている最中におばけが登場します。
おばけはもちろん退治することができますが、
運が良いと退治カウントが上がり、右上のゲージに追加されます。
ゲージが満タンになるとお化け屋敷に入るボーナスゲームに突入します。

一見ガンバレットに近いような作りに思いますが、
特に連射も精密射撃も必要がないので、簡単に楽しめます。
実際にメダルゲームでやった時にどれだけお金(メダル)を消費するのかはわかりませんがw
夏に発売予定とのこと。

ほとんど完成しているようにも思えましたが、
今回のプレイでは射的ステージが同じようなところを使いまわしているようにも感じたので、
そこが変わるのかもしれません。
一部、演出でSEが被って音が出なくなるところもあったのが
気になったのですが、そこは直すのかな?


その他

セガの新作ラインナップの発表を撮ってきたので上げておきます。


この記事へのコメント