0コメント

ハウスオブザデッド スカーレットドーン ロケテその6(修正したのプレイしてみた

25日に修正かかったハウスオブザデッド スカーレットドーン、
実は修正後をまだプレイしてなかったのですが、ようやくやってきたので感想をば。

サブウェポンのコストや弾数が変更になったのは前の記事に書きましたが、
実際のプレイも修正かかってたようなのでやってきました。

まず変更点。

 1.処理落ちしすぎ
 2.マシンガンが適度にジャムる(処理落ちが原因?)
 3.一部敵の耐久度変更(特に忍者ゾンビ)

1については、Unreal Engineの実績まだなくて急きょ直したからか、
まさにデバッグ版をプレイしているような感覚になります。
プロローグ3シーン目でほぼ必ず処理落ちするってダメでしょそれ。。。
おじさん、何が何だかわからないままゲーム進められて唖然としちゃいましたわ・・

Unreal Engine使ったことないからちゃんとしたこと言えないんですけど、
メモリ解放してないの?というか、余計な処理かけすぎなんじゃないですかねこれ。
前のバージョンでほとんど処理落ちしていなかったのに。
今回のバージョンで処理落ちする意味が分かりません。
耐久力とか数値パラメータ変えるだけで映像側に手を入れなくてもいいでしょうに。。

2については1の影響も考えられるのですが、マシンガンがまぁジャムります。
ジャムるというのは真実ではなくて、単純にリロードに失敗するようです。
3回やって3回ともゲーム中に何度もリロードに失敗して
マシンガン全発撃ち切りでのリロードになってしまい、
余計なダメージ喰らうはめになりました。

1も2も映像処理が原因だとは思いますが、間違いなくここは何とかしてほしいですね。

3については、こちらは改善といったところでしょうか。
2体出てくるところについても倒しやすくなりました。

他に実際にプレイして感じたこと。
やはりサブウェポンが軒並み弾数が減ってしまっているので、
使いどころが悩んでしまいます。

1/3ではなくて半分、または1/3減くらいでも良かったのでは?
消費コインを少なくしてアイテムを選びやすくしても、使いどころが少なくてはねぇ…。


他にも「敵のめり込みが発生する」なんて報告もあがっているようです。
なにやら改悪になりつつあるのでちょっと嫌な予感がしていますが、
きちんと修正してもらいたいですね。



チャリオットはロケランを当て際、ロケランを当てた場所によって
装甲の4つ(上半身の左右、下半身の左右)のどこかが破壊されますが、
このマシンガンがジャムるような状況で左側を撃ってしまうと、
その時にサブウェポンがないと絶望的ですね。
せめて背中への攻撃がもうちょっとダメージ量多ければ良いのですが。。。

この記事へのコメント